中学受験では父親の果たす役割があります!

役割分担は明確に

志望校合格のために父親が果たすべき役割とは?

家庭内のバランスという点からみると、父親と母親はどこか違った役割を果たすようにしておいた方がお子さんにとっては良いでしょう。お父さんとお母さんから、2人ともから同じことを言われ続けてしまうと、まだ小学生の子供です、精神的に参ってしまうこともあるからです。子供の逃げ場を作っておいてあげないといけません。

 

どこで、例えばおかあさんがどちらかと言えばペシミスティックな性格で子供の受験に関して深刻に悩み過ぎてしまうような場合、お父さんが意識的に強いプラスイメージで引っ張りあげることができれば、事態はずっと良い方向に向かっていきます。お母さんが何かと心配したりくよくよしている時に、「頑張っているんだから大丈夫だよ」と一言かけて貰うだけでも、精神的にもかなり気持ちは晴れるものです。

 

一般的にお母さんはいつも子供に一番近いところで世話をしているせいか、子供がどんなことに心細く思い、どんなことを喜び、どんなことに悲しむか、かなり深い部分まで熟知している傾向にあります。受験に限らず、子供を育てていく上では母親と父親の良い部分がうまくかみ合っていけばベストですね。

 

中学受験に取り組む数多くの夫婦を見てきた中で、一番目立って感じるのは「明るい親」は受験に成功することが多い半面、「暗い親」は受験に失敗することが多いということです。

 

明るい、暗いというのはその人の性格によるところが大きいとは思いますが、考え方としてのプラスイメージを持てるかどうかという事が受験では重要になります。特に、まだ子供が小さい小学生である中学受験では、親の明るい、暗いは子供に大きく影響するのです。

 

ですから、その点でお母さんが暗い考え方、マイナス思考になりがちだと自負している家庭では、お父さんがその面を補ってあげたり、子供やお母さんを励ましてプラス思考にもっていってあげるという事は非常に重要なのです。

 

中学受験でお父さんの果たす役割は意外と大きいのです。

中学受験で父親の果たす役割記事一覧

中高一貫校教育のメリットというと、中高の6年間を通して大学受験のためのカリキュラムを無駄なく合理的に組めるといった学習のうえでの大きなプラス要素がまず挙げられます。間に高校受験が挟まるとどうしても学習が3年間で区切られてしまいますから、6年間を通して学習ができるというのは大学進学を考える時でも非常に有利です。このように大学受験に有利だという点を別にしても、高校受験がないというのは中学生から高校生の...

トップへ戻る