進学塾での中学受験対策のすすめ

進学塾選びで中学受験は決まる!

中学受験にはどうして進学塾が必要なのか?

子供が小学校3年生くらいになってそろそろ中学受験の準備を始めようという家庭がまず最初に考えることは、「進学塾に通わせるかどうか」という事ではないかと思います。

 

小学校低学年のうちは毎日のように塾に通わせる必要は全くありませんし、むしろ、子供の成長を長い目で見るのであれば、家庭学習を中心に据えた態勢を整えたほうがずっといいと言われています。

 

ほとんどの子供にとって受験は中学受験だけではありませんよね?学習という点で考えればそれは一生続くわけですから、中学受験をきっかけに自分で学習ができる能力を身につけるという事が一番肝心なのです。

 

実際に1週間のうちの5日も6日も塾に通い、上からどんどん詰め込まれていくような学習スタイルを何年も続けた結果、仮に志望校に中学受験で合格できたとしても、中学に入ってから自分でどうやって勉強すればよいかがまったく分からず、また、自ら勉強するんだという気持ちもまるで育っていないため、授業についていけずに落ちこぼれてしまうというケースも少なくないです。

 

では、家庭学習だけでは中学受験はできないのかというと、その場合、お父さんかお母さんがぴたりとついて勉強を教え、問題を分析し、受験情報を集め、ということができなくてはいけません。勉強を教えるといっても最近の難関校の入試問題はかなり難しいので、短時間で要領よく子供に教えるには、親の力量も相当問われてしまうのです・・・

 

また、例えば最難関の開成中学を子供が狙うとした場合、いったい何をどれだけやれば良いのかが家庭ではなかなかわかりません。一通り参考書などで勉強させてみたところで、自分の子供がどれくらいの学力なのかを客観的に査定することが難しいのです。比較対象がないからです。

 

親というのは自分の子供しか見ていませんから、基準が非常にあやふやなのです。我が子と他の子を比べてみる機会がないので、自分の子供の頃の記憶があやふやになっていたり、適切な合格基準が持てないことが最も問題になるのです。

 

その点、進学塾のベテラン講師は毎日いろんな子供を指導しています。子供1人1人の違いや長所、短所を十分に把握していますし、その時点での子供の能力を見て、志望校に合格しやすくなるためには何をどれだけ勉強すればよいのかを適切な指導をすることができるのです。

 

だからこそ、中学受験にはどうして進学塾が必要なのです。

進学塾で中学受験記事一覧

ゆとり世代を育ってきた影響で、20年前、15年前に比べると甘やかされて育った子供が多くなった印象があると塾講師達は言います。少子化の影響で子供の数が減り、どの家庭でも子供1人1人を非常に大切にしますから、そのぶん進学塾に対する様々なサービス要求も強く出てくるようになっているのです。例えば塾の求められる相談が増えていることの一例として、「子供の中学受験が原因で夫婦仲が悪くなってしまったんですが、どう...

トップへ戻る